溢れる雲の隙間から


鮮烈な光で輝く


その存在の強さに


ただ遠くから見つめることしかできない


手を伸ばしても届かない


だからこんなにも求めてしまうのかな

3