2014年06月25日 23:17

本日、退院してきました。

一時外泊でなんとかなりそうって自信が持てたのと、
いつでも入院させてあげるから、と主治医の先生が言ってくれたので。
困った時の診療拒否ほど辛いものはないですよね。

帰ってきてから、小さい子がいたりするので
いい刺激になっているようです。
病院にいるときはボーっとしている時間が多く
ぼけちゃうかなぁと思いましたが
頭もはっきりしてきたようです。
こどもたちにも父のことを覚えていてほしいので
一日も長くこの日々が続きますように。

気になる症状☆
胃の痛み。麻薬増量のせいかもしれません。
血が止まりにくくなっています。
内出血などがひどくなっています。
インシュリンのあとが大変なことに。

自宅でラシックス注射になったのですが、血管がでにくく、針を刺しっぱなしにしています。

今日は「がんの花道」という本を買いました。
ベストセラーになったがんになったら医者にかかるな的な無責任な本は嫌いだったのですが
この本を書いた先生はそのあたりもきっちり批判していたので。
これから読もうと思いますが
最期を迎える家族のありかたが書かれているようです。



2014年07月02日 18:03

昨夜から身の置き所がない感じが強まり、
とうとう余命一週間を切ったようです。

がんの花道をよんでおいて、本当に良かったです。
在宅で看取ることができそうです。

本人を苦しませるだけの栄養点滴をせずに
できるだけ苦しまずに平穏に旅立たせてあげたいので
対処療法で過ごしています。

とうとう食べると吐くようになったので
吐き気止めの坐薬を処方してもらいました。

気づくと眠りに落ちていることが多いので
傾眠状態にあるようです。

先ほど、親しい友人たちにお別れの電話をしていました。
声帯も弱ってくるので、声がかすれてかわいそうでしたが。

冷や汗が止まりません。
息苦しさも感じています。

かと思えば、最近動かなくなっていた腕が動くようになったり。

体が思い通りにいかない、どうしたらいいかわからないと悔しさを訴えています。

後、おそらく数日。
がんばります。



2014年07月04日 01:14

☆かかりつけ医の変更☆

長い間、がん専門の病院にかかっていましたが
緩和ケアしかなくなると先生はまともに診察さえしてくれないようになりました。

呼吸苦を訴えても不整脈を訴えても、末期だからそんなものでしょ、と。
入院中、回診にまわってきても、聴診器をとりだしたことさえありません。
もう退院は無理ですねと言われました。

何も治療しないなら、と自宅近くの病院へ転院しました。
そこでは呼吸苦が少しでも楽になるかも、とステロイドを処方してくれました。
気休めでしかないと書いてある書籍もありますが、
父はこれで少しまた余命が伸びた感じがしました。

在宅をきめてから、三人目の先生にかかることに。
今日初めて訪問に来てくれましたが、呼吸苦の原因を見つけてくれました。
常時4リットルの酸素をしておりますが酸素飽和度は98。
原因は頻脈でした。160もあったのです。
常にダッシュをしているような心臓では疲れてしまうので
脈を調整する薬を処方してくれました。
少しだけ改善したようです。

今日からオキシコンチンを一回50mgに変更しました。
痛みはひいてきたようですが、身の置き所のなさは変わらず。
呼吸苦が今、一番の課題です。

会話はふつうにできますが、気付くと寝ているので傾眠状態にあります。
トイレも脇を支えてですが、なんとか歩いて行けます。
このまま人間の尊厳を保ったまま、ゆっくり休めるようになるといいのですが。



2014年07月06日 00:06

恐らく後、数日の命となってきました。
麻薬のせいか、呼吸抑制が顕著です。

オキシコンチン50ミリを1日二回に増量。
オキノームは一回10ミリに。

体温が下がってきています。36.0度くらい。
触ると冷や汗で汗ばんでいます。
傾眠状態が頻繁で、はなしていたと思うと白目を剥いていたり(・・;)
声帯も弱り、喋ると息が苦しくなるので一言くらいの発語になりました。
頭はしっかりしてるので、とてもくるしそうです。

苦しみが長くなってきたので、薬で眠らせてあげたほうがいいのか悩んでいます。
入院していたら確実に今は生きていないと思います。
これからどうするかまた悩まなくては。



2014年07月07日 00:45

本来であれば退院できない状態でしたが、
在宅看取りを前提に無理やり退院させました。
父もやはり家の方が誰かがそばにいるので嬉しいようです。
ただ、呼吸苦がここまでひどくなると
どうしてあげることもできず。

昨日も母が、父に
「パパが苦しくても私はなにもしてあげられないから
病院に入院して、薬で痛みを感じないようにしてトロトロ眠らせてもらう?」
と遠まわしに聞いていたので、
すかさず私が、
「ホントに我慢できないくらい辛くてもういやだって言うなら、安楽死という方法もある、ってことだよ?」
と父に伝えました。

父は病院よりもみんながいる家がいい、ということで
またしばらく頑張ることになりました。

家で看取る、ということはとても難しいです。
入院させてしまったら、つらい姿も見なくて済む。
そんなことも頭をよぎりますが
父と過ごすために四月からこどもを転校させてまで実家に同居したので
最期まで納得できるように見守っていたいなぁと思っています